「消すべき」「除外しなければいけない」と思われがちですが

ジェネリック医薬品(generic drug)というものは新薬の特許が失われた後に購入できて、新薬とまったく同一の成分で金銭的な負荷が少なくて済む(代金の廉価な)後発医薬品のことをいいます。

緊張型頭痛というのは仕事や勉強などでの肩凝り、首こり、張りが素因の最も多いタイプの慢性頭痛で、「まるで頭を力いっぱい締め付けられるような強烈な痛み」「ズシッと重苦しいような鈍い痛み」と言い表されます。

「体脂肪率(percent of body fat )」というものは、人の体の中の脂肪が占める比率のことを言い、「体脂肪率=体脂肪量(somatic fat volume、キロ)÷体重(キログラム)×100」というシンプルな計算式で表すことができます。

常識的に水虫イコール足、特に足指の間にできやすい病気として認知されていますが、原因菌である白癬菌が感染するのは足しかないのではなく、体の様々な部位にうつるという危険性があるのです。

ロックミュージシャンのコンサートの場内や踊るためのフロアなどに設けられたものすごく大きなスピーカーのすぐ近くで大きな音を浴びて耳が遠くなることを「音響外傷」と呼ぶことをご存知でしょうか?

ポリフェノール最大の特長は水溶性のV.C.や脂溶性のビタミンEなどとは違い、細胞間の水溶性部分に脂溶性部分、加えて細胞膜でも酸化を防ぐ効果をいかんなく発揮するのです。

ヘルニアというものは正式には椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)といい、背骨の間に存在してクッションに近い役目をする椎間板(ついかんばん)という名前の柔らかい円形の線維軟骨が突き出た症例の事を称しています。

自動体外式除細動器(AED)とは医療資格を有していない一般の人でも扱える医療機器で、機器から流れる音声ガイダンスが指示してくれる通りに処置することで、心臓が細かく震える心室細動に対しての絶大な治療効果を患者に与えます。

学校や幼稚園等大規模な集団行動で、花粉症の症状が原因でクラスのみんなと同じように外で元気に行動ができないのは、本人にとっても残念なことです。

パソコンの細かなチラつきを抑える効果のあるレンズの付いた眼鏡がいま最も人気を集めるのは、疲れ目の改善に多くの方々が努めているからだと推測されます。

体脂肪の量(somatic fat volume)は変化がないのに、体重だけが食物摂取や排尿などにより短時間で増減するケースでは、体重が増えたら体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は低くなり、体重が減少した人は体脂肪率が高くなることがわかっています。

基礎代謝量というのは睡眠中ではない覚醒状態で命を保つ(心臓の鼓動、口や鼻からの呼吸、腎臓の活動、体温や筋肉の緊張の保持等)のに必要な最も低いエネルギー消費量のことを指しています。

下腹の疼痛が主訴となる主な病には、盲腸と混同しやすい大腸憩室症、石ができる尿路結石症、特定疾患に指定されている潰瘍性大腸炎、様々な疾患の合併症として露見する急性腹膜炎、女性特有の病気などの病名が聞かれます。

うす暗い場所だと光不足によりものが見辛くなりますが、より一層瞳孔が開くため、眼球のピントを合わせるのに不必要な力が利用され、結果的に明るい所でものを眺めるより疲れるのが早くなるといえます。

チェルノブイリ原子力発電所の事故の数十年に及ぶ被害者の追跡調査の結果からは、大人に比べると若い子どものほうが風に流されてきた放射能の害をより受容しやすいことは明らかです。

吐血と喀血はいずれも口から血を吐くことに違いはありませんが、喀血の方は咽頭から肺を通っている気道からの出血のことであり、吐血とは無腸間膜小腸より上部にある消化管から血が出る症状を指しているのです。

インフルエンザ(流行性感冒)に合った予防テクニックや病院での治療等の基本の措置自体は、それが季節性インフルエンザであっても新型インフルエンザでも一緒です。

ストレスがかかり、蓄積していくシステムや、便利なストレス緩和策など、ストレスというものの全体的な知識をお持ちの方は、さほど多くはありません。

学校や幼稚園など団体生活をしている中で、花粉症が要因で他の友達と同時に外で明るく行動できないのは、本人にとっても悲しい事でしょう。

「ストレス」というものは、「消すべき」「除外しなければいけない」と思われがちですが、実際は、我々は大なり小なりのストレスを体験しているからこそ、活動し続けることに耐えられるようになっています。

スギの花粉が飛散する春に、お子さんたちが体温はいつも通りなのに頻繁にくしゃみしたりサラサラした鼻みずが止んでくれない状況だったなら、杉花粉症の可能性があります。

鍼灸の鍼を気になる所に刺してもらう、という物理的な程よい刺激が、神経細胞を活性化し、神経インパルスという名の要は電気信号伝達を起こすのではないかという見方が浸透しています。

ヒトの耳の内部構造は、大まかに「外耳(がいじ)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3か所に分類することができますが、中耳の辺りに様々なばい菌やウィルスなどが付着して炎症がみられたり、液体が滞留する症状を中耳炎と呼びます。

アメリカやヨーロッパ諸国では、新しい薬の特許が満了した約30日後には、市場の80%がジェネリック医薬品(Generic drug)に切り替わるというクスリもある位、ジェネリック医薬品(Generic drug、後発医薬品)は地球上で浸透しているのです。

食中毒を引き起こすことのあるブドウ球菌(ブドウキュウキン、staphylococcus)は紫色に染色されるグラム陽性球菌で、大別すると毒力が強力な黄色ブドウ球菌(英:staphylococcus aureus、スタフィロコッカスアウレウス)と毒力が強くはないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)の2つが存在するのです。

汗疱状湿疹とは掌や足裏、指と指の間などに細かな水疱がみられる皮膚病で、おおむねあせもと呼び、足の裏に出現すると足水虫と間違う場合もままあります。

世界保健機関(World Health Organization)は、人体に有害な紫外線A波の無理な浴び過ぎは皮ふに健康障害をもたらすとして、19歳未満の人が肌を黒くする日サロ(日焼けサロン)を使用する行為の禁止を各国に喚起しています。

不快な耳鳴りには当事者しか感じないという「自覚的耳鳴り」と、血流の音のように当事者と他の人にも品質の高いマイクロホンをあてると響いているらしい「他覚的耳鳴り」とがあり、処置の仕方が変わります。

花粉症というのは、山のスギやヒノキ、マツ、ヨモギなどの草木の花粉が原因となり、クシャミ・皮膚の痒み・鼻詰まり・鼻水などの色々なアレルギー症状を主訴とする病気だと広く知られています。

今時のオペ室には、W.C.や器械室(apparatus room )、準備室を備え付け、オペ中にレントゲン撮影するためのX線装置を準備しておくか、そうでなければ近くにX線装置用の専門室を用意するのが慣例である。

参考サイト:フィナロイドも危険をもらえなくなる